JPPAがめざす「国産豚肉 農場トレーサビリティシステム」とは 一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)国産豚肉 農場トレーサビリティシステム【豚トレ】

国産豚肉 農場トレーサビリティ TOP > 国産豚に関する資料・データ > 「国産豚肉 農場トレーサビリティシステム」とは何か
「国産豚肉 農場トレーサビリティシステム」とは何か
JPPAがめざす「国産豚肉 農場トレーサビリティシステム」とは、農場段階のトレーサビリティを確立し、品質・衛生管理の向上に取り組むことです。
「①農場がわかる」、「②豚肉の特徴がわかる」、「③農場の生産情報がわかる」、「④農場の品質・衛生管理がわかる」、「⑤豚及び豚肉の行程がわかる」をねらいとし、情報提供を積極的に行います。そして、サプライチェーン全体のトレーサビリティの確立に向けて普及推進を図ります。
品種、飼養管理方法、飼料、品質・衛生管理に関する情報等も併せて記録・保管し、積極的に情報提供を行うことで、農場の価値及び認知度の向上を図ります。

事業者の責任を明確にし、また、経路の透明性を確保し、事故が生じた時の迅速な回収や原因究明に努めます。

豚及び豚肉に関する情報・表示の正しさを検証し、これらの情報を積極的に提供し、消費者の信頼性を確保します。


「国産豚肉 農場トレーサビリティシステム」は、
「①農場がわかる」、
「②豚肉の特徴がわかる」、
「③農場の生産情報がわかる」、
「④農場の品質・衛生管理がわかる」、
「⑤豚及び豚肉の経路がわかる」 をねらいとし、
国産豚肉の価値向上を図り、
消費者の信頼を確保します。