豚及び豚肉のトレーサビリティとは何か 一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)国産豚肉 農場トレーサビリティシステム【豚トレ】

国産豚肉 農場トレーサビリティ TOP > 国産豚に関する資料・データ > 豚及び豚肉のトレーサビリティとは何か
豚及び豚肉のトレーサビリティとは何か
生産、加工および流通の特定の一つまたは複数の段階を通じて、食品の移動を把握できること。(Codex委員会総会 (2004年))
豚、豚肉を販売(移動)したとき、また、枝肉、部分肉、精肉を加工製造したときに、その記録・保管を行うことです。
「いつ、だれが、なにを、どれだけ、どこへ」について
記録・保管します。

「いつ、だれが」、「なにを、どれだけ」使用し、
「なにを、どれだけ」製造したか について記録保管します。


いつ   ⇒ 年月日
だれが  ⇒ ○○農場
なにを  ⇒ 肉豚、枝肉、部分肉、品種、部位、品名等
どれだけ ⇒ ○○頭、○○kg、○○箱、○○個
どこへ  ⇒ ○○と畜場、○○市場、○○センター、○○株式会社等

豚、豚肉を販売(移動)したとき、また、加工製造したときに、その記録・保管を行うことでトレーサビリティを確立することができます。
しかし、トレーサビリティシステムだけでは消費者の信頼を確保できません。